不眠症のさまざまなタイプと原因

不眠症は、睡眠の障害が継続的に起こっている状態で、人によって症状が異なります。種類も人によって異なり、大きく4種類に分類されています。
一つ目は入眠障害です。入眠障害は、布団に入ってもなかなか眠ることができないという症状のことで、不眠症の中で最も数が多い種類となります。多くの人がこの種類に分類されます。布団に入ってから30分以上経たないと眠れないという場合は、入眠障害である可能性が考えられます。3~4時間以上経たなければ眠れないという人もいるため、時間に関しては個人差が非常に大きいと言えるでしょう。一度眠りにつくことができれば朝まで起きることはないというのも、この種類の特徴となります。
二つ目は熟眠障害です。熟眠障害という種類は、深い眠りにつくことができないタイプです。浅い眠りなので疲れがなかなか取れず、ストレスに繋がることも多いようです。
三つ目は、中途覚醒という種類で、寝ている間に何度も目を覚ましてしまうものです。睡眠中に一回程度なら目を覚ますことは珍しくありませんが、何度も目覚める場合には中途覚醒を疑ってもいいでしょう。
四つ目は、早期覚醒です。これは、予定しているよりも早く目覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまう種類です。
人によっては複数の種類が複合して現れる場合もあるため、自分に該当する症状について事前に考えて医師と相談しましょう。

 

眠れない原因はメールのやりすぎという側面もきっとあるんですけどねぇ